わたしたちの教科書 真木よう子

わたしたちの教科書で大城早紀を演じる真木よう子さんが,めざましテレビに登場しました。

どうやら真木よう子さんはSみたいですね(笑)「わたしたちの教科書」で共演している伊藤淳史さんと大倉孝二さんが言うには,「わたしたちの教科書」の第一話での生徒たちの喧嘩を止めるシーンの真木よう子さんが怖かったらしいです。確かに「わたしたちの教科書」のあのシーンは真木よう子さんに限らず,迫力あるシーンでした。

だけどそんな真木よう子さん。実は怖がりだそうです。今まで演じてきた役のイメージがあるので,真木よう子さん自身もクールで怖いという印象があるのかもしれないけど,決して真木よう子さん本人はそんなことはないようです。プライベートでも仲がいいという,「わたしたちの教科書」にも出演中の風吹ジュンさんがいうんだから間違いないでしょう。

わたしたちの教科書」での真木よう子さんの演技にも注目していきましょう。

わたしたちの教科書 いよいよ今夜スタート!

わたしたちの教科書がいよいよ今夜スタート!


少し重めなテーマのわたしたちの教科書
今,問題になっているいじめ問題,自殺,教師の対応…
わたしたちの教科書ではどのように描かれて,どのように私たちにその問題を投げかけてくるのでしょうか。

わたしたちの教科書がこどもたちの心に何かを訴えてくれるドラマになればいいなと期待しています。

わたしたちの教科書の主演は菅野美穂さん。
菅野美穂さんは30歳で初めてずっとスーツを着ている役柄に挑戦するそうです。
そうですね,考えてみれば菅野美穂さんがお堅い役を演じたドラマというのは,思い出せません。
引っ込み思案だったり,底抜けに明るかったり,ひねくれていたり…。
いろんな女性を演じてきた菅野美穂さんがわたしたちの教科書で演じるのが弁護士。それも優秀な弁護士だというのだから,これは見逃せませんね。

新任教師を演じるのが「電車男」で一気にその知名度を上げた伊藤敦史さん。
生徒たちの騒動を止めるという体を張った場面もあるのですが,伊藤敦史さんは現実で殴り合いの喧嘩はしたことがないのだとか。
ある意味,わたしたちの教科書が初体験になるのかもしれませんね。

そしてわたしたちの教科書の生徒役には志田未来さん。
志田未来さんは「14歳の母」での熱演が話題になりました。
今回わたしたちの教科書志田未来さんが演じるのは,両親がいなく,児童養護施設で暮らしている「14歳の学生」。
学校では変わり者とされている女生徒です。
母から学生へ。
志田未来さんがわたしたちの教科書ではどんな演技を見せてくれるのか,とても楽しみです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。