わたしたちの教科書 あらすじ ネタバレ 第八話

ついに始まった裁判。かつては味方だったはずの珠子(菅野美穂)と加地(伊藤淳史)が法廷の場で争う姿を見ることになるとは,なんとも悲しい。そして珠子(菅野美穂)とかつての婚約者が敵対し合うことも。

悲しいといえるのは他にもある。加地(伊藤淳史)の変わりようもそうだ。それは早紀さえも戸惑いを覚えるほど。加地(伊藤淳史)と早紀の二人は交際を始めていたのだ。

裁判での珠子(菅野美穂)は強い。加地(伊藤淳史)をどんどん追い込んでいく。うろたえる加地。だが,直之も負けてはいない。珠子(菅野美穂)が明日香の母親であることを持ち出されるのは,珠子(菅野美穂)にとって一番大きい痛手ではないだろうか。

三澤は珠子(菅野美穂)にとって大きな強み。味方であることには間違いないが,その証言の曖昧さが何とも頼りない。法廷の場でも三澤のこどもっぽさが垣間見える。

裁判というのはドラマで見ても,決して気持ちのいいものではない。お互いのアラを探し欠点を指摘し,言い返す言葉を奪う。哀しみさえも覚える。果たして明日香は望んでいたのか?こんな裁判が行われることを。

今となってはもうそれは知ることはできないが。

新任だった頃の気持ちを完全に忘れてしまっている様子の加地(伊藤淳史)。確かに早紀の言う通りだ。被害者が死んでしまったら,どうやっていじめの責任をとるというのか。軽率な発言だと感じる。

次々と気が抜けない出来事が起こっていくわたしたちの教科書

次回のわたしたちの教科書は6月7日の放送。

わたしたちの教科書 あらすじ ネタバレ 第七話

驚いた。三澤の態度。戸坂が明日香を殺したのは三澤だと言ったのは,どうやらただの推測だったらしい。

明日香の事件に対してあまりにも無関心な三澤に戸坂が怒りたくなるのもわかる。だが,三澤は重要な参考人。ここで諦めるわけにはいかない。珠子(菅野美穂)は戸坂に謝らせ,三澤から再び明日香の話を聞く。

さすが元担任。新事実が次々と明らかになる。明日香がいじめられていたのは確かなようだ。

珠子は明日香をいじめていたという金吉に会う。感情的になる珠子は金吉に詰め寄り,そこに通りかかったのが加地。これ以上学校に踏み込むなと珠子に言う。優しく穏やかそうに見える金吉だけど,その裏には何かがありそうだ。悲しみか,憎しみか,怒りか。どんな感情が隠されているのかわからないが。

明日香が新しい教科書を買うために質屋に入れたのは,父親からもらった時計だった。しかしその教科書もすぐに非情な言葉でいっぱいにされてしまったのだ。そのときの明日香の気持ちは計り知れない。そしてそれを知った珠子(菅野美穂)の悲しみ,怒りも。

本当のことを話してくれと副校長に頭を下げる珠子(菅野美穂)だが,副校長は何も話してはくれない。副校長はいじめの報告がありながらも,何故見て見ぬふりをしていたのだろう。幾度もあったいじめの報告への副校長の指示は全て「待て」「様子を見ろ」というもの。これは何を意味するのか。副校長には何があるのか。何故これほどまでに明日香のいじめから目をそらし続けるのか。

「この学校を訴えます」

そう宣言した珠子(菅野美穂)の顔は弁護士じゃなく,母親だったような気がする。

次回からはいよいよ裁判が始まる。何がどこまで明白にされていくのだろうか。

わたしたちの教科書の最後に待っているものは何なのだろう。

次回のわたしたちの教科書は5月31日の放送です。

わたしたちの教科書 あらすじ ネタバレ 第六話

事務所は解雇。婚約は解消。珠子(菅野美穂)にとって最悪な状態に陥った。だけどこれでよかったのかもしれない。こんな冷たい男と結婚して家庭を築いても,そこに幸せがあるとは思えない。仕事のパートナーと一生のパートナーは違う。全く,違う。

冷たい男だと思った。

でも違うようだ。本当は珠子(菅野美穂)のことが好きなのだ。二人には思い出がない?一緒にいれば自ずと思い出はできる。自分に言い聞かせているのだろうと思う。そして珠子の想いも断ち切らせようとしているのだ。引きずらないように。お互い,辛くならないように。未練を残さないように。それはひとつの優しさだと,私は感じる。

二人の別れは悲しいけれど,感動を覚えた。

だけど仕事上で二人が敵対しあわなければならないのだとしても,何故別れる必要があるのか。私にはどうしてもわからない。それは私が未熟なだけなのだろうか。わたしたちの教科書にはいろんな意味で考えさせられる。

副校長の提案でついに実施されたいじめ調査。前回ではいじめにあった加地(伊藤淳史)だが,いじめ調査では中心になっていた。今までの努力が報われた思いだろう。

調査の結果,いじめはないということがわかった。相沢に虚言癖があること,それを知っていて副校長は複雑な環境にある相沢を見守っていたことも。副校長は決して敵なんかではなかったのだ。

加地(伊藤淳史)への職員室でのいじめも終わった。今回のわたしたちの教科書では前回のわたしたちの教科書とは打って変わり,教師たちの温かさに触れることができてどこか安心している。救いようのないドラマは見ていても苦しい。

本当にいじめはなかったのか。相沢がいじめによって亡くなったというのは,本当に単なる珠子(菅野美穂)の思い込みなのか。

加地までも相沢の死は転落事故だったと考えるようになった今,珠子(菅野美穂)の味方は誰なのか。

最後まで珠子(菅野美穂)は諦めないだろう。諦めるわけにはいかないはずだ。自分の愛する娘の死の真相を解き明かすために。

相沢を殺したのは三澤…?

次回のわたしたちの教科書は5月24日の放送です。



今後のわたしたちの教科書の展開から目が離せない。

わたしたちの教科書 第五話 あらすじ ネタバレ

いい大人が,しかも教師がシカト?いじめ?仲間はずれ?嫌がらせ?呆れてものも言えない。こんな人間の集団が生徒に何を教えるというんだ。どうしてここの学校にはこんな教師や生徒ばかりなのか。何を恐れているんだ。何を恐れてそんなに隠したがるんだ,いじめの存在を。

ドラマの世界といえども腑に落ちないことが多すぎる。現実にこんな学校や教師が存在するのかと思うと身震いする。教師や学校だけじゃない。生徒もそうだ。何故こんなにも冷めてしまったえいるのだろう。こどもはこどもでいればいいのに。もったいない。

教師のいじめ。情けない。こどもじみてるにも程がある。やっていることが小学生だ。小学生でもやらないかもしれない。持ち物を壊したりイタズラしたり。これが教師なのか?

加地が生徒に嫌われる理由が明らかになった。加地は相沢しか見ていない。だから生徒たちは加地を嫌う。相沢が飛び降りたのは生徒たちのいじめが原因だと決めつけ…。これは否定できないだろう。加地は確かに相沢のことでいっぱいいっぱいになり,他の生徒のことが疎かになっている。

副校長が相沢の誕生日を覚えていた。しかもその日にお墓に花を供えていた。そしてこどものことを想っていると…。副校長の思いを知り,救われる思いがした。それが副校長の本心なら。

加地まで相沢の死は事故だと言い出した。これも副校長の策略?加地は洗脳されているのか?

またしても寸前で相沢へのいじめの真実を知ることができなかった…。

次回のわたしたちの教科書は5月17日の放送です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。